「めざまし8」コロナ陽性で診察料を返せと4時間居座った男を擁護か?MCの谷原章介に批判集中

さっきの「めざまし8」でやっていた。表題のとおり、ある民間医療機関でコロナ陽性と判定された50代男性に対して病院は、法令に則り公費負担分を除いた本人が支払うべきお金を請求。

男は一旦は支払ったものの後日「コロナにかかったら医療費は全額タダになるのではないか。支払った金を返せ」と同医院に再来。

コロナに罹患した際は、医師が新型コロナウイルス感染を疑うと総合的に判断した場合などのPCR検査は公費適用となるが、初診料やその他必要な検査(胸部レントゲン検査等)は保険診療になり、自己負担が生じる。

要は、全額が公費負担にならないというもの。その旨、院長は男性に伝えたが男性は納得せずに同院に居座り。

多くの患者が待たされ、診療に支障を来たしたことから、やむを得ず院長は警察を呼んだ。しかし、警察は来たものの、民事ということで何もせずに帰っていった。

院長は、このままでは他の患者に迷惑となると判断し、仕方なく、全額を返還してしまった。

コロナでいろんな問題が生じているということを報道したかったようだが、とっても一面的な報道でしかなかった。

まず、4時間も居座って業務を妨害したにもかかわらず、本当に警察はそのまま帰って行ったのだろうか。いったん事情を聴くために警察に連行するのが普通ではないのだろうか。

全額を返還したという顛末を報道して、要は、ゴネればお金は支払わなくても良くなると考える輩が増えるのではないだろうか。

この点を鋭く突いたのがカズレーザー。威力妨害にならないのか、前例を作るのではないのかと、きっちりと問題提起。

カズレーザー良く言った。この問題提起に対して様々な議論が行われるだろうと期待した。しかし、期待は大きな失望となった。

本来、そうした問題提起があれば、MCは、答えは分からなくとも、そう思うなら、同意をするなどの対応をするのが普通だが、MCの谷原章介はカズレーザーの問題提起を見事なまでに完全スルーしてしまった。
いくら、よく分からない内容でもそれはないだろう。

谷原章介からは男を批判するような言葉は聞かれず、まるで4時間居座った男を擁護しているようにも聞こえた。

これじゃ、単にゴネ得を紹介しただけの報道となってしまったのではないか。

ゴネ得が増えないことを切に願う。


■ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村