やったー「ミドボン」が手に入った~ミドボンとは液化炭酸ガス(二酸化炭素)のボンベのこと

https://sekai.cyou/img/aaaaa55844.jpg

炭酸水を作る機器、炭酸水メーカー。通常は附随の液化炭酸ガスボンベを使うのだが、それでは200CC1杯50円ぐらいかかる。市販の炭酸水ペットボトルよりは安いものの、安売りのときは大して変わらなくなる。

なので、通は附随のボトルに変えてミドボンを使うらしい。ミドボンとは主にビールサーバで使われる業務用の液化炭酸ガスボンベのこと。

これを使うと一杯3円ぐらいで炭酸水を作れるらしい。蚤野はケチなのでこの話を聞いた瞬間に実行することにした。

ミドボンはなかなか手に入らないらしい

「ミドボン」は酒屋で入手すると言われているが、なかなか、酒屋では売ってくれないとの情報。
ミドボンは、あくまでもビールサーバー用であり、他の用途に使う場合は売ることはできないと。

そりゃそうだろう、酒屋ではガスの販売免許は持っていないので、あくまでも、アサヒビールとかキリンビールだとかのビールメーカーが所有するビールサーバー用のミドボンを置いているに過ぎない。これをビールメーカー自社のビールサーバーを使っている飲食店等に貸与するという構図だ。

自社のビールサーバーを使っていない輩には売らないのが筋であり、ミドボンにもご親切に、美容院、水槽、家庭用には使用できないと表示がされているのだ。

酒屋がビールサーバー以外の用途に使う者に対してミドボンを売ることは横流しになるのだ。

だから、購入に際しては使用目的を厳密に聞かれて、ビールサーバー以外の用途と判明した場合は一切売ってくれない。

それじゃ、口先だけでビールサーバー用途と言えば良いのかといえば、そうではなく、実際に家まで確認にくるらしい。真偽のほどはよく分からないが、かように入手は難しいようだ。

酒屋以外ではどうかというと、業務スーパーで取り扱っているとの情報もあったが、試しに近くの業務スーパー2件に電話で聞いてみたが、取扱はないとのこと。ガセネタだった。

このように手に入りにくいと言われているミドボンだが、最近はネットでも簡単に手に入る。ただし、値段は高い。

そのうえ、ミドボンを使い切ったときの補充が面倒だ。

だからこそ、やはり酒屋で購入するのが一番良い。

やった~買えたー

そこで、近くの「ビッグリッキー」という酒屋に電話して聞いてみた。

用途を聞かれたら、「これから、ビールサーバーを買うのでそのために購入する」と答えるつもりでいた。これなら、家に確認しに来たとしてもまだ買っていないので問題ない。

「ビールサーバーに使う、二酸化炭素ボンベを置いていますか?通称ミドボンというやつですけど」
「ありますよ。」
「いくらですか。」
「3014円とボンベの保証金5000円です。」
「それじゃ、後で行きますのでよろしくお願いいたします。」
「お待ちしています。」

拍子抜けした。

行ったときに、色々と聞かれて「やっぱり売りません」とかになったら困るが、そうなれば、バックレる予定でいた。

店に行って「さっき電話した者ですが」と言ったら、すんなりとミドボンを持ってきてくれた。

本当に拍子抜け。

ミドボンは結構重い。5Kというので、重量が5Kかと思っていたが、5Kとは内臓量のことで、総重量は15Kぐらい。

家に持ってくると、やはり異様だ。こんなのを見るのは初めてなので、もしも爆発なんかしたらどうしようと思ってしまうほどだ。

ただ、ミドボンの事故なんかは聞いたことがない。ググってみると、過去に1件だけ爆発事故はあったようだが、それは、そのボンベ特有の使われ方にあったようだ。

なお、ミドボンの表面には注意事項が書かれている。


40度以上の場所に設置しないこと、直接人体にかけないこと、横にしないこと等だが、それほど維持に難しいというわけではなさそうだ。

さて、接続には専用のアダプターが必要だ。それも別途手配をしているのだが、まだ来ていない。来たらレポートしたい。


■ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村