ホテルの部屋の壁紙に傷をつけてしまった!ヤバイ!弁償しなくてはならないのだろうか

ホテルの壁紙に傷をつけたのは蚤野が悪いのか

遅い夏休みを取っていたので、27日から1週間の休みに入った。琵琶湖あたりに遊びに行こうと飛行機を予約していたが、緊急事態宣言が出たため断念。

その代わりにと思い、近場の温泉に車で29日に1泊旅行に出た。

順調に車を飛ばしてドライブ。ホテルに着いて入浴、食事と調子良く行っていたのだが、
アクシデントは食後に部屋に帰ったときに起きた。

部屋にはベットの他に椅子とテーブルが置かれていた。椅子はよくある回転式。180度回転するので好きな方に向きを変えることができるタイプ。

なにげに、座って、テレビを見ようとテレビの方に椅子を向けた。とそのそき、どうもスムーズに行かない。ひっかかるような感触。「あれ、椅子のギアでもかんだのかな」と思い、ぐいっと力を入れるとテレビの方に90度向けることができたと同時に何か違和感。

椅子の方を見ると壁にも目が行った。壁には、見事なまでに傷が付いている。
そう、アイキャッチのとおり泊まるホテルの壁紙に傷を付けてしまったのだ。

 

椅子が回転したタイミングで椅子の背もたれの端が壁に引っかかり、部屋の壁紙を傷を付けていたのだ。

あちゃ~やってしまった。どうにか直らないかと手で触ってみたが、当然、どうにも直らない。
これは壁紙を弁償しなきゃならないのかと思ったが、同時に、怒りが込み上げてきた。自分のドジさに対しての怒りではない。


回転式の椅子でなければ、もしくは、もう少し椅子が前に出るか、後ろに引っ込んでいるかしていれば何ら問題なかったのだ。

何でこんなところに回転椅子があるのか。何で、椅子をテレビに向けると、壁を傷つける位置ピッタリに椅子が置かれているのか。

椅子が前に出ていれば壁に引っかかることはないし、もっと後ろに引っ込んでいれば、壁に当たるだけで回転はせずに壁を傷付けることもなかった。

壁を傷つける絶妙の位置に椅子が置かれていたのだ。

回転式なのでテレビの方を向けるのは当然だ。蚤野はこの椅子を通常どおりの使用方法で使ったに過ぎない。

壁を傷付けることになったのは、ホテル側が回転椅子を絶妙の位置に置いたためだ。悪いのはホテル側だ。それなのに、なぜ、弁償をしなくてはならないのか。そう思い始めた。

都合の良い理屈と言われるかも知れないが、蚤野とはそういう男だ。聖人君子などではないし、聖人君子になりたいとも思わない。

表では、へ~こらして、裏では尊大な態度を取る。そういう人間だ。だから、何か言われてもしらばっくれようと決心したのだ。

そこで、ホテルから言われることをシミュレートした。

「壁に傷が付いていましたので弁償してください」
「記憶にないですが、どこがどんなふうになっているのですか」
「多分椅子が当たったんだと思います。」
「昨日は椅子に座っていたので、もしかすると、テレビの方を向けたときに気が付かないうちに擦ってしまったのかも知れませんね」
「後で請求書を送ります。」
「ちょっと待ってください。回転式の椅子なので、回転させて使うのは当たり前でしょ。当たり前に使っていて、丁度、壁を傷付ける位置に椅子が置いていたのですよ。そのような椅子を設置したことや、絶妙に壁に傷を付ける位置に置いた責任はホテル側にあるのではないですか。弁償なんてできませんよ。」
「出るところに出ますよ」
「どうぞ」

100%やってないとしらばっくれることもできるが、蚤野は誠意がある男だ。だから、やったことは認めているところがミソだ。

しかし、ネットで調べてみると、損害賠償義務があるだとか、器物損壊で警察に捕まるだとかの不穏な情報がたくさん出て来る。

なので、今現在、ホテルから何か言ってこないか、ビクビクしている小心者の蚤野なのである。

結果は、後日書きたいと思う。


■ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけましたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村